よくある質問

交通事故を弁護士に任せるメリットは何でしょうか。

  • 2016.11.30
  • 事件対応等に関するご質問

最大のメリットは、示談金の増額が見込めるということです。

交通事故の損害賠償には、
「自賠責基準」
「任意保険基準」
「弁護士(裁判)基準」
の3つの基準があります。
そして、弁護士がいないと保険会社は低い基準である「任意保険基準」で示談交渉を進めます。
しかし、弁護士が交渉の場に出てくると、高い基準である「弁護士基準」が基本となります。

基準が変わることで慰謝料が数十万円増額されるのはよくあることです。
交通事故被害者の生活再建にはお金が必要ですので、これは大きな助けとなります。

複数の基準が存在する理由、弁護士が入ることで基準が上がる理屈については、
「なぜ弁護士が入ると示談金額が上がるのですか?」
を参照してください。

また、示談交渉のストレスから解放されるということがあります。
保険会社は交通事故被害者の味方ではないし、中立な第三者ですらありません。
保険会社は、あくまで加害者側に立って自社の利益を第一に考える私企業です。
ですから、リハビリや後遺障害に悩まされている交通事故被害者にとって、交渉自体が大きな負担となります。
保険会社の担当者の中には、心ない言葉を投げかけてくる人もいます。

弁護士に依頼すれば、以後は弁護士が交渉窓口となって保険会社とやり取りします。
そのため、怪我の治療に専念し、元の生活を取り戻すための活動に集中できるようになります。

初回相談料・着手金無料 ご相談はこちらから
弁護士費用に関して

交通事故コラム

交通事故解決には様々な知識が必要です。
このコラムでは交通事故に関しての様々な情報を公開しております。

カテゴリーCATEGORY

  • 法律相談について
  • 弁護士費用について
  • 示談金額について
  • 後遺障害について
  • その他