解決事例

2016/12/06後遺障害等級非該当ながらも約63万円の増額に成功

  • 性別 = 男性
  • 年齢 = 50代
  • 後遺障害等級 = 無し
  • 過失割合 = 0:100

増額合計

124万5195円

187万3995円

63万円UP

事故態様

Cさんが自動車で一般道路を進行していたところ、対向車線を走行していた相手方車両がセンターラインを越えてきてCさんの自動車と衝突。

この事故でCさんは、頸椎捻挫、左膝打撲挫傷、腰部打撲傷、左手関節捻挫、左第1趾打撲傷等の怪我を負いました。

受任前 の状況

当事務所に法律相談に来た時点でCさんは症状固定となり治療が終了していました。

Cさんはドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)と診断され、左手の関節の痛みを訴えており、後遺障害等級認定を求めていました。

法律相談の結果、Cさんが加入していた任意保険の弁護士費用特約を利用して当事務所が示談交渉を受任することとなりました。

結果

相手方保険会社の提示額を約63万円上回る金額での示談が成立。

結果 (詳細)

Cさんの症状について担当医は「骨や筋に若干の異常はあるが、今回の事故が原因かどうかは不明」と述べており、診断書やCさんが訴える症状からも、後遺障害等級認定を得るのは難しいであろうという見込でした。

相談時に弁護士からCさんにこのことを説明しましたが、Cさんの「駄目元でもよいので認定申請をしてほしい」との要請を受け、資料を揃えて後遺障害等級認定の申請を行いました。

残念ながら認定結果は当初の予想どおり「非該当」。

しかし、Cさんに現在も異変が残っていること等を述べて相手方保険会社と粘り強く交渉を続け、最終的に、相手方保険会社が提示していた賠償額124万5195円から約63万円増額された187万3995円で和解が成立しました。

最新の解決事例

初回相談料・着手金無料 ご相談はこちらから
弁護士費用に関して

交通事故コラム

交通事故解決には様々な知識が必要です。
このコラムでは交通事故に関しての様々な情報を公開しております。

カテゴリーCATEGORY

  • 法律相談について
  • 弁護士費用について
  • 示談金額について
  • 後遺障害について
  • その他